365日の誕生花をご紹介! 


5月の誕生花:カーネーションと誕生花言葉

カーネーション

5月誕生花「カーネーション」の誕生花言葉「 女性の愛・感覚・感動・純粋な愛情 」。

16世紀にイギリスの戴冠式(コロネーション)で使われたことから名前がつけられたという説があります。母の日の定番フラワーです。

誕生花はその方の運気を上げるパワーアイテム。毎年の誕生日に。また、母の日の花選びにも役立ちます♪


花を贈るのは母の日や誕生日、記念日だけでなく、ちょっとした毎日の挨拶、花飾り、毎日を普通に過ごせる嬉しさをあらわすためにもオススメです♪

スポンサードリンク



5月の毎日の誕生花情報!誕生日の誕生花はコチラ!

5月1日の誕生花:みつばつつじ     5月2日の誕生花:ライラック    5月3日の誕生花:ぼたん   (牡丹)    5月4日の誕生花:やまぶき    5月5日の誕生花:おじぎそう    5月6日の誕生花:しゃが    5月7日の誕生花:ばら    5月8日の誕生花:ふじ     (藤)   5月9日の誕生花:クレマチス   5月10日の誕生花:しゃくなげ   5月11日の誕生花:やぐるまそう   (矢車草)   5月12日の誕生花:アスチルベ   5月13日の誕生花:ボロニア   5月14日の誕生花:わすれなぐさ    (忘れな草)   5月15日の誕生花:カーネーション   5月16日の誕生花:アリウム   5月17日の誕生花:しらん    (紫蘭)   5月18日の誕生花:ばいかうづき   (梅花雨木)   5月19日の誕生花:しゃくやく   (芍薬)   5月20日の誕生花:はなしょうぶ   (花菖蒲)   5月21日の誕生花:かすみそう   5月22日の誕生花:レモン   5月23日の誕生花:ゴデチア(いろまつよい)   (色待宵)   5月24日の誕生花:きらんそう   5月25日の誕生花:ラナンキュラス   5月26日の誕生花:わさび   5月27日の誕生花:つるばら   5月28日の誕生花:すずらん   5月29日の誕生花:ジャーマンアイリス   5月30日の誕生花:おだまき   5月31日の誕生花:カラー  

5月1日の誕生花:みつばつつじ  
5月1日の花言葉:節制
4月から5月にかけて山を濃いピンクに染めていく花。枝先に3枚の葉が広がっているところから、この名前がつけられました。

5月2日の誕生花:ライラック 
5月2日の花言葉:愛の最初の感情、青春の喜び
フランスではリラの名で親しまれています。開花期は4月中旬〜5月で、花には芳香があります。

5月3日の誕生花:ぼたん   (牡丹) 
5月3日の花言葉:恥じらい、富貴
正式名の牡丹のほかに、古人は花王、百花王、万花王または富貴花などの雅名を贈っています。艶やかな魅力の花。

5月4日の誕生花:やまぶき 
5月4日の花言葉:崇高、待ちかねる
やまぶきの語源は山振りが転訛したものといわれ、枝がそよ風に揺れる様子を表しています。

5月5日の誕生花:おじぎそう 
5月5日の花言葉:敏感、繊細な感じ
刺激を受けると、葉を畳んでしまう不思議な植物。

5月6日の誕生花:しゃが 
5月6日の花言葉:反抗
木陰にひっそりと咲いている姿が、まるで可愛い蝶蝶が群がって飛んでいるように見えるため、胡蝶花とも呼ばれています。

5月7日の誕生花:ばら 
5月7日の花言葉:美、愛情、内気な恥ずかしさ
古代ギリシャ時代、アフロディーテがキプロス島の近くの海に誕生したとき、海に対抗して大地はバラの花を生み出しました。

5月8日の誕生花:ふじ     (藤)
5月8日の花言葉:恋に酔う、佳客
花の盛りをすぎると、わずかの風にもハラハラと「吹き散る」様子から、ふじという名前が生まれたという説もあります。

5月9日の誕生花:クレマチス
5月9日の花言葉:精神的な美しさ、旅人の喜び
丈夫で堅いつるをもつため、「ブドウの枝」というギリシャ語から名がつきました。昔ヨーロッパでは、宿の玄関に飾って旅人を迎えたそうです。

5月10日の誕生花:しゃくなげ
5月10日の花言葉:威厳、荘厳
日本に自生する、初夏の代表的な花木。海外でも非常に人気が高いです。

5月11日の誕生花:やぐるまそう   (矢車草)
5月11日の花言葉:繊細、優雅
小さな花が集まって咲く様子がまるで矢車のようだ、というところから名がつきました。ヨーロッパでは春の花として、とても愛されています。

5月12日の誕生花:アスチルベ
5月12日の花言葉:恋の訪れ
アスチルベはギリシャ語で「輝いていない」という意味。小花がぱっとしないためにつけられた名前のようですが、集合体で見たときには美しい花です。

5月13日の誕生花:ボロニア
5月13日の花言葉:芳香
スズランのような可愛い花を枝一面につける、オーストラリア原産の小低木。「芳香」という花言葉のとおり、とてもよい香りをもっています。寒さ暑さに弱く、日本での露地栽培は困難です。

5月14日の誕生花:わすれなぐさ    (忘れな草)
5月14日の花言葉:私を忘れないでください、真実の愛
英名のフォーゲット・ミー・ノット(私を忘れないでください)が、そのまま和名になりました。花の可愛らしさから、姫紫という別名もあります。

5月15日の誕生花:カーネーション
5月15日の花言葉:あなたを熱愛する
16世紀にイギリスの戴冠式(コロネーション)で使われたことから名前がつけられたという説があります。

5月16日の誕生花:アリウム
5月16日の花言葉:無限の悲しみ
ねぎの仲間ですが、茎の微妙な曲線や、花の紫色の美しさから観賞花として楽しまれています。アリウムとはニンニクの意味。

5月17日の誕生花:しらん    (紫蘭)
5月17日の花言葉:互いに忘れないように
紫の花を咲かせるラン科の多年草。古くから薬草として重宝され、中国では肺結核の薬としても使われます。

5月18日の誕生花:ばいかうづき   (梅花雨木)
5月18日の花言葉:互いに忘れないように
ウメの花を連想させる花の姿や、ひっそりと咲く風情から、茶花としてよく用いられます。

5月19日の誕生花:しゃくやく   (芍薬)
5月19日の花言葉:恥じらい、はにかみ
大輪の花の美しさから、美人の代名詞として使われています。桃山時代から絵画でも登場しています。

5月20日の誕生花:はなしょうぶ   (花菖蒲)
5月20日の花言葉:優雅な心
日本から中国にかけて自生するノハナショウブの改良種。江戸時代から本格的に栽培され、現在では300をこえる品種があります

5月21日の誕生花:かすみそう
5月21日の花言葉:無邪気、無意識
欧米ではベイビー・ブレスと呼ばれています。開花期は6〜7月で、花は雨に弱いので、直接当たらないように工夫が必要です。

5月22日の誕生花:レモン
5月22日の花言葉:熱意、誠実な愛
レモンという名前は、アラビア語のライムウンが語源。現在は、アメリカと地中海沿岸で盛んに栽培されています。

5月23日の誕生花:ゴデチア(いろまつよい)   (色待宵)
5月23日の花言葉:変わらぬ熱愛
漢字で書くと色待宵。英名のフェアウェル・トウ・スプリングは「春よさよなら」という意味で、初夏に咲くところからつけられました。

5月24日の誕生花:きらんそう
5月24日の花言葉:追憶の日々、あなたを待っています
開花期は4〜5月。草丈10cmほどで、地面を覆うように生長します。深い紫色の美しさが、楽しませてくれる花です。

5月25日の誕生花:ラナンキュラス
5月25日の花言葉:あなたは魅力に富んでいる、光輝を放つ、名誉
13世紀半ば、十字軍に参加したルイ9世が母のために持ち帰った花と言われています。

5月26日の誕生花:わさび
5月26日の花言葉:目覚め、うれし涙
耐暑性が弱く、夏でも涼しい山間地の湧水地で、夏は日陰となり、冬は日の当たる北斜面が適地です。ずいぶん昔から食卓に登場していたようで、平安時代の「本草和名」という本にも和佐比の名が出ています。

5月27日の誕生花:つるばら
5月27日の花言葉:愛
ヨーロッパでは、伝説に由来して「約束を守る」という意味でアンダー・ザ・ローズ(バラの下で)という言葉が使われるようです。

5月28日の誕生花:すずらん
5月28日の花言葉:幸福が戻ってくる
フランスでは「聖母の涙」とも呼ばれるこの花は、冷涼な気候を好み、夏の間木陰になるような所を選びます。

5月29日の誕生花:ジャーマンアイリス
5月29日の花言葉:使者、よろしくお伝えください
欧米では「虹の花」と呼ばれます。ギリシャ神話に登場する、オリンポスの山の下界との連絡役を引き受けた女神イリースに由来したともいわれています

5月30日の誕生花:おだまき
5月30日の花言葉:断固として勝つ、心配して震えている
ライオンが好んで食べるため、強い力があると信じられてきました。花言葉の「断固として勝つ」もそこから生まれたようです。よく日の当たる所で、夏の間木陰になるような場所に適します。

5月31日の誕生花:カラー
5月31日の花言葉:清浄、壮大な美、歓喜
純白の花が清浄に通ずることから、祭壇に欠かせない花だったようです。切り花として最近人気の花。

  • SEOブログパーツ

seo great banner




↑↑誕生花、お祝い、お悔やみの生花フラワーアレンジメントも豊富です。↑↑