365日の誕生花をご紹介! 


12月の誕生花:カトレアと誕生花言葉

カトレア

12月誕生花「カトレア」の誕生花言葉「 成功・繁栄、神聖な愛 」。

カトレアは色鮮やかな花が多く色彩の種類も多い上に、甘く優しい香りを漂わせる事で全体に華美な印象を与えます。 当時の王侯貴族階級を中心に広まりを見せ、洋ランの女王と呼ばれるまでになりました。

誕生花はその方の運気を上げるパワーアイテム。毎年の誕生日に。また、母の日の花選びにも役立ちます♪


花を贈るのは母の日や誕生日、記念日だけでなく、ちょっとした毎日の挨拶、花飾り、毎日を普通に過ごせる嬉しさをあらわすためにもオススメです♪

スポンサードリンク



12月の毎日の誕生花情報!誕生日の誕生花はコチラ!

12月1日の誕生花:ドラセナ   12月2日の誕生花:ユーカリノキ   12月3日の誕生花:ネフロレピス(ツディたましだ)   12月4日の誕生花:さざんか    (山茶花)   12月5日の誕生花:ポインセチア   12月6日の誕生花:マルメロ   12月7日の誕生花:シクラメン   12月8日の誕生花:かんつばき    (寒椿)   12月9日の誕生花:げっけいじゅ    (月桂樹)   12月10日の誕生花:コニファー(ドワーフコニファー)   12月11日の誕生花:ストレリチア   12月12日の誕生花:あおき   12月13日の誕生花:はぼたん   12月14日の誕生花:つるうめもどき   12月15日の誕生花:オキザリス   12月16日の誕生花:ブバルディア   12月17日の誕生花:ベゴニア   12月18日の誕生花:もみ   12月19日の誕生花:くろがねもち   12月20日の誕生花:アイビー   12月21日の誕生花:プロテア   12月22日の誕生花:セントポーリア   12月23日の誕生花:オリーブ   12月24日の誕生花:やどりぎ   12月25日の誕生花:ホーリー   12月26日の誕生花:ダイヤモンド(原石)   12月27日の誕生花:やつで   12月28日の誕生花:くまざさ   12月29日の誕生花:なんてん    (南天)   12月30日の誕生花:やぶこうじ   12月31日の誕生花:マーカサイト  

12月1日の誕生花:ドラセナ
12月1日の花言葉:幸福
「幸福の木」と呼ばれるものの多くは、ドラセナ属フラグランス種。熱帯産のため低温には弱く、冬越しには最低温度10℃は必要ですが、観葉植物として人気があります。

12月2日の誕生花:ユーカリノキ
12月2日の花言葉:思い出
よく日の当たる、耕土の深い肥沃な所を好みます。寒さには弱く、関東以北での栽培はできません。葉を蒸留した精油には、消炎、清涼、防腐などの作用があります。

12月3日の誕生花:ネフロレピス(ツディたましだ)
12月3日の花言葉:魅惑
白翡翠。人生の成功と繁栄を守護する翡翠は、ビジネスを成功させるお守りとして、効果的です。太古から武器や刀として用いられており、やさしさの中に強さのある石です。

12月4日の誕生花:さざんか    (山茶花)
12月4日の花言葉:謙譲・愛嬌
種子を搾ってとれる油は、椿油と同様、髪油や灯りとりの油、床みがき、と昔から生活に重宝されてきました。

12月5日の誕生花:ポインセチア
12月5日の花言葉:私は燃えている、祝福する
水はけのよい土でたっぷりと潅水して管理します。赤色や白色に色づくのは苞の部分で、花そのものにはあまり観賞価値はありません。熱帯性の花木で寒さには弱く、冬越しには最低温度10℃以上が必要です。短日で着色するため観賞期間は11〜2月で、クリスマスを彩る花として有名です。

12月6日の誕生花:マルメロ
12月6日の花言葉:誘惑
水はけのよい肥沃な所を好みます。開花期は4〜5月。薄桃色の小花で、果実は10〜11月に熟します。果実は堅くて生食はできませんが大変香りがよく、果実酒や砂糖漬、咳止めの薬として利用されます。

12月7日の誕生花:シクラメン
12月7日の花言葉:不老長寿、勇敢
花の咲きそろっている様子が篝火のようなので、和名は「かがりびばな」。パレスチナからシシリー島にかけての地中海沿岸では自生も見られます。

12月8日の誕生花:かんつばき    (寒椿)
12月8日の花言葉:謙譲・愛嬌
さざんかの仲間。さざんかが大きく伸び上がるのに対して、こんもりと茂るのが特徴。関東では寒椿、関西では獅子頭の名で親しまれています。

12月9日の誕生花:げっけいじゅ    (月桂樹)
12月9日の花言葉:栄光・勝利
月桂樹の小枝や葉で編んだ冠は、古代ギリシャやローマでは栄光や勝利の象徴でした。芳香のある枝や葉(ローリエ)は、香辛料として有名。

12月10日の誕生花:コニファー(ドワーフコニファー)
12月10日の花言葉:不変
コニファーとは特定の樹木でなく、小型で美しい常緑針葉樹の総称です。芝庭、ロックガーデンなどに似合います。

12月11日の誕生花:ストレリチア
12月11日の花言葉:寛容、気取った恋
極楽鳥花のこと。色彩の乏しい季節にきわだつ鮮やかな花です。

12月12日の誕生花:あおき
12月12日の花言葉:不老長寿、勇敢
常緑で美しい実をもつことから、海外でも観葉植物・鉢物として人気があります。

12月13日の誕生花:はぼたん
12月13日の花言葉:祝福、利益
17世紀ごろオランダ人によって伝えられました。葉が花のようなので、はぼたんといいますが、愛らしい黄色の花も見逃せません。花の少ない時期の植物として貴重で、正月飾りとしても多く利用されます。

12月14日の誕生花:つるうめもどき
12月14日の花言葉:大器晩成
開花期は5〜6月。淡緑色の小花で葉腋に十数花つき、晩秋には黄色の果皮が裂開して赤色の小果が熟します。そのコントラストが美しいので、お茶花として好まれています。

12月15日の誕生花:オキザリス
12月15日の花言葉:輝く心
排水がよければ土質は特に選びませんが、よく日の当たることが絶対条件で、日陰では開花しません。品種により秋咲きと春咲きとに分かれます。草丈は10cm前後で、花壇や鉢植え用に適し、数年間植えっぱなしでも毎年よく開花します。

12月16日の誕生花:ブバルディア
12月16日の花言葉:交わり
数種の交配によってつくりだされたアカネ科の常緑低木。熱帯アメリカ原産で寒さにはやや弱く、凍ったり、霜に会わせたりしないように注意が必要です。

12月17日の誕生花:ベゴニア
12月17日の花言葉:片思い、丁寧、親切
種類がとても多く、一重から八重まで咲き方も花色も多彩です。

12月18日の誕生花:もみ
12月18日の花言葉:高尚・昇進
北欧では森の王者とされていて、ロシアではこの木を伐ることをとても恐れているといいます。冷涼な気候を好み、寒地や高冷地ではよく育ちます。

12月19日の誕生花:くろがねもち
12月19日の花言葉:魅力、用心
葉や若い枝の濃い紫色が黒っぽく見えることから名前がついたようです。日本から東南アジアにかけて自生し、樹形の美しさと赤い実が魅力です。庭木として多く利用されます。

12月20日の誕生花:アイビー
12月20日の花言葉:友情、死んでも離れない
熱帯〜温帯の植物ですが、寒さには比較的強く、0℃以上あれば越冬しますが、凍らせたり霜にあてたりしないよう注意が必要です。悪酔いを防ぐ植物とされています。

12月21日の誕生花:プロテア
12月21日の花言葉:自由自在
珍しい花ですが、種類は豊富です。大阪の花博では、オーストラリアから出展されて人気を博しました。

12月22日の誕生花:セントポーリア
12月22日の花言葉:深窓の美女
セントポーリアは学名で、この植物の発見者であるサン・ポーリーレール氏の名に由来します。英名はアフリカン・バイオレットです。

12月23日の誕生花:オリーブ
12月23日の花言葉:平和
栽培は難しくありませんが、排水と日当たりが悪いと結実しません。スペインやギリシャでは、燦々とふり注ぐ日の光をいっぱいに浴びて育っています。

12月24日の誕生花:やどりぎ
12月24日の花言葉:征服、困難に打ち勝つ
さくらなどの木に寄生するので「宿の木」といいます。北海道〜九州まで広く分布し、鳥や果実を食べる動物により種子が運ばれ、主として落葉樹に寄生します。

12月25日の誕生花:ホーリー
12月25日の花言葉:先見、用心
西洋では、クリスマスには赤い実のついたこの枝を「やどりぎ」といっしょに飾ります。この木には、魔よけの力があるとされています。

12月26日の誕生花:ダイヤモンド(原石)
12月26日の花言葉:富貴
千両というありがたい名前がついているため、正月の生け花によく使われます。日本では観賞用ですが、海外では薬用にも用いられているそうです。

12月27日の誕生花:やつで
12月27日の花言葉:分別
日当たりの悪いところでもよく育ち、可愛い手鞠のような花を咲かせます。開花期は10月下旬〜12月上旬で、花の少ない時期の花として貴重です。

12月28日の誕生花:くまざさ
12月28日の花言葉:抱擁
名前の由来は、葉に隈があるからという説と、熊がいるような深い山で見かけるから、という二つの説があります。野生種は京都・北山に多く自生しています。

12月29日の誕生花:なんてん    (南天)
12月29日の花言葉:私の愛は増すばかり
開花期は梅雨期の6月で、花が雨に当たると結実不良になるので注意が必要です。果実は11〜12月に紅熟し、縁起物として正月の切り花に多く使われます。また、果実は南天実という咳止めの妙薬として有名。

12月30日の誕生花:やぶこうじ
12月30日の花言葉:明日の幸福
古くは山橘と呼ばれました。夏には白い花を咲かせますが、秋に色づく赤い実は宝石のようです。江戸時代から鉢栽培されている古典植物のひとつです。

12月31日の誕生花:マーカサイト
12月31日の花言葉:健康美
ミカン科の中では比較的寒さに強く、東北地方の南部以南で栽培可能です。開花期は5〜6月で、果実は11〜12月に熟し、生食はできませんが、日本料理の香り付けからゆず湯、薬酒として、すっかり日本の風土になじんでいる重要な果樹です。奈良時代にはすでに栽培されていたようです。

  • SEOブログパーツ

seo great banner




↑↑誕生花、お祝い、お悔やみの生花フラワーアレンジメントも豊富です。↑↑